スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク




cad 資格

資格は今も昔もいろいろな種類がありますが、インターネットが社会に普及してからパソコンを使った資格も普及しつつありますね。特に今回紹介するキャドCADは仕事に直結する資格ですね。その分野も建築だけにはかぎらずあらゆる部品を作る設計で使われているようです。就職するために何か技能をつけたいと思ったら是非CAD(キャド)を検討されてはいかがでしょうか。

CAD(キャド)とは、Computer Aided Designの頭文字を取ったもので、コンピューターによる設計・製図の装置(システム)、または図面を作成することをCADと呼んでいます。CAD利用技術者試験は、民間の資格ですが、就職や転職に有利な資格となっていて受験者も二万人以上います。1級と2級があり、試験は毎年6月と11月の二回行われます。2級はCADを利用して、製図業務に関わる人が対象となり、試験は、筆記試験のみとなります。

おもにCADの基礎知識についての問題で、総合で8割以上の正解が合格ラインとされています。1級はCADを利用して、製図業務に関わる人を対象としていて、試験は、実技試験のみとなります。CADの実務経験が一年以上の人を想定して出題されます。総合で8割以上の正解が、合格ラインとされています。CADトレース技能審査は、厚生労働大臣認定の公的な資格で、実務経験者が試験を受けられます。中央職業能力開発協会が認定する資格です。建築部門と機械部門の二つの部門があり、初級、中級、上級の三段階に分かれています。試験は、9月と2月(機械・上級を除く)に行われます。受験資格があるので、確認してから申し込むようにしましょう。

建築CAD検定は、全国建築CAD連盟が主催する民間の資格です。2~4級に分かれていて、試験は、建築図面のトレースの実技のみに絞られています。2級、3級、4級に分けられ、資格認定校での団体受験と一般受験があります。 一般受験は、年二回(4月、10月)に行われ、団体受験は、年4回(4月、7月、10月、1月)に行われます。


★以下のキーワードでこのサイトはよく検索されています。
目標設定 コメント
有国家資格者設置義務
日本語教育能力試験
資格取得 カラー
大学 少子化


いかがでしたでしょうか?どういう資格をとろうかなと思っている人には少しは役にたったでしょうか?CAD(キャド)とはいったいどういうものなのか、少しはわかっていただけていれば幸いです。他にも資格をドンドン紹介したいと思いますので是非御覧下さい。資格ばかりとっていてもはじりませんが、まったくの技能がないのもまた問題です。自分にあった資格を探しましょう。

スポンサードリンク




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。