FC2ブログ
スポンサードリンク


資格取得の目標設定ナビサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://a041hotel.blog74.fc2.com/tb.php/13-0c251b2a

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

資格取得の目標設定ナビサイトトップ >資格取得の目標設定ナビ >>日本語教師資格について

日本語教師資格について

日本語教師資格というものをご存知ですか?
私たち日本人は、日常、日本語というものを教えられることはその必要がないので、ありませんから日本語講師資格と聞くと、ちょっと実感を得にくいかもしれません。
さて、日本語を教える資格とはどんなものなのか調べてみました。
そもそも、日本語教師とは日本語を母国語としない人、いわゆる外国からの留学生などの人たちですが、そういった人たちに日本語を教えている人のことです。
もっと詳しく言えば、日本語を教える訓練を受けた人、または日本語の指導経験を積んだ人のことを日本語教師というのですが、いわば日本語を教えている人は誰でも日本語教師だと言えるのです。
なぜかと言いますと、日本語教師資格に公的な資格は必要ないからです。
驚かれるかもしれませんが、日本語教師資格というものは特に定められてはいないのです。
日本語教師になるために絶対必要な国家資格のようなものはないわけです。ですから、日本語が理解できるのであれば、誰でも日本語教師になることは可能なわけです。

ただ、誤解を招くといけませんので詳しく見ていきます。
求人情報誌などの日本語学校などの募集要項を見ると「有資格者」を応募資格としていることが多いです。
通常、日本語教師の「有資格者」というのは
(1)大学で日本語教育を主専攻または副専攻して修了した人
(2)日本語教育能力検定試験に合格した人
(3)日本語教師養成講座420時間を修了した人、 この3つのうち、1つだけ満たしていれば、日本語教師資格を持っている人と見なされます。
以上の資格を持っている方人で日本語教師資格を取得したいなあと考えている方は合わせて日本文化についても勉強されることをお勧めします。
マンガをはじめ日本食などは世界に受け入れられています。
日本の家庭に昔からあるごく普通の文化、お正月、ひな祭り、5月の節句、七夕などです。きっと素敵な日本語教師だと外国人生徒から人気が出るでしょう。
私はオーストラリアに留学した時に英語学校へ通っていたのですが、ただ英語が話せるだけの人(教えるという行動ができてない)講師に教えられるばかばかしさを味わったのでそんな日本語教師には成り下がらないでくださいとお願いしたいです。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://a041hotel.blog74.fc2.com/tb.php/13-0c251b2a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。