FC2ブログ
スポンサードリンク


資格取得の目標設定ナビサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://a041hotel.blog74.fc2.com/tb.php/2-1f593717

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

資格取得の目標設定ナビサイトトップ >資格取得の目標設定ナビ >>国家資格と民間資格の違い 資格の種類について

国家資格と民間資格の違い 資格の種類について

日本国内の資格だけでたくさんありますが大きく分類すると2種類あり、国家資格と民間資格とがあります。

国家資格とは、国家試験等によって個人の能力や技能を判定し、特定の職務に従事する資格を付与するものとなっています。国家資格には法律の裏付けがあり、そこが国家資格と民間資格との大きな違いと言えます。

また、民間資格といっても、公益法人や商工会議所が主催しているものから、企業、スクールが運営しているものまで実に幅広い分野に渡って民間資格の種類があります。

国家資格は、有資格者には、知識や技術が一定水準以上に達していることを国によって認定されるものが国家資格と言います。
弁護士などの資格習得が業務遂行のための必須条件となっている業務独占資格や、中小企業診断士などの有資格者だけが名乗ることを認められている名称独占資格、特定の事業を行う際に法律で義務づけられている設置義務資格などがあります。取得は困難ですが、国から職業的な地位を保障され、社会的な信用度も高い資格になります。中には講習だけで取れる資格もあります。

民間資格は、その名のとおり民間団体や企業が、独自の審査基準を設けて任意で認定する資格のこと民間資格と言います。
企業によっては国家資格や公的資格と同様に知識や技能があるものとして広く認知されている民間資格や、直接職業に結びつく民間資格もあり、認知されている信用度、価値のレベルが高いほど資格取得が困難になっています。

しかし民間資格は法律によって制度化されていないので、資格の有効度などに疑問符がつくこともあります。

資格といっても本当にたくさんあります。特に民間資格は資格の主催者違いで同じ様な知識が必要で少しだけ名称が違う資格などが多々あり。
資格によっては同じような内容だがA団体主催のほうが認知度が高く価値がある。B社主催のほうは簡単に資格を取得できるが認知度があまりない。などこういうことがあります。同じ様な知識がいる資格で、資格の名称が似ていれば、どちらがいいのか混乱しそうになると思います。資格を取る前に一度、インターネットでその資格について、またいくつも同じ様なのがある場合は資格の主催者(団体)など調べた方がいいでしょう。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://a041hotel.blog74.fc2.com/tb.php/2-1f593717

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。