FC2ブログ
スポンサードリンク


資格取得の目標設定ナビサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://a041hotel.blog74.fc2.com/tb.php/21-fd81e809

-件のトラックバック

-件のコメント

[C1] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

資格取得の目標設定ナビサイトトップ >資格取得の目標設定ナビ >>資格試験パソコン系

資格試験パソコン系

パソコンが家庭に普及し、今やパソコンで仕事をしていない業種が数えるほどしかなくなってしまったと思います。パソコンはそれほどまで様々な業種に浸透した技術です。使うソフトが違うだけで本当に様々なことが可能になりました。それにあわせてか、パソコン関連の資格にもさまざまな種類の資格があるようです。今回はそんなパソコン関連の資格を調べていきたいと思います。

今や、どこの会社でも仕事でパソコンを使うことが当たり前の時代です。ただパソコンの知識やスキルを測るには、単にパソコンが使えるというだけではなく、どの程度パソコンを使いこなせるかについて証明があると示しやすいですが、そういったパソコン資格について整理してみます。パソコン系の資格を持っていると、就職・転職や社内でのキャリアアップなど、ビジネス社会で有利に働きます。以下、主なパソコン系資格試験を紹介します。

DTP関連のソフトの充実などでデザイン、印刷、出版関係で幅広く利用されているのがアップルコンピュータのパソコン、Macintoshです。この資格検定はMacを有効に活用するための基礎知識がソフトの利用能力、応用能力について検定するもので、Mac検定委員会東京本部事務局が実施しています。特にDTP関連で、習熟したオペレーターが不足気味のため、就職、転職の際に有利な企業として注目されています。

次は、マイクロソフト社が独自に開設したトレーナー制度「MOT0」の認定試験です。合格すればマイクロソフトのインストラクターの資格を得ることができます。パソコン利用者技能検定パソコンを利用する一般のユーザーを対象に、パソコンを有効利用するための基礎知識がシステムの運用という応用能力まで広範囲にわたって技能を見ます。Microsoft Office specialistは実務で必要となるOffice製品に含まれる Excel、Word、PowerPointなどの利用能力を測る指標として、圧倒的シェアをほこるマイクロソフトが主催しています、エンドユーザー向けのパソコン資格試験制度です。

その他にも基本情報技術者(FE)・情報処理活用能力検定(J検)・パソコン検定試験(P検)などさまざまなパソコン資格があります。


★以下のキーワードでこのサイトはよく検索されています。
日本語教育能力試験
資格取得 カラー
大学 少子化
女性向け 資格
営業 目標設定 例


色々ありましたね。パソコンは本当に可能性をひめたボックスですね。パソコンも様々なソフトを使ってみて自分にあうソフトをみつけ探求していけばもしかすると資格につながることもあるかもしれませんね。とりあえず資格をとりたい、パソコンは得意という方は是非パソコン関連の資格をとってみてはいかがですか?資格ばかりに機を取られてはいけませんが他人に評価されることが多い世の中資格があるのは決してマイナスなことではありません。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://a041hotel.blog74.fc2.com/tb.php/21-fd81e809

0件のトラックバック

1件のコメント

[C1] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。